FC2ブログ
美少女ゲーム情報誌PC Angel neo公式ブログです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Twitterでつぶやく PC Angel neo公式サイト
page top
よついろイベント
 約1ヶ月後に『よついろ★パッショナート!』発売を控えた11月23日(火祝)。SkyFish5周年イベント第2弾「ぽこぽこパッション」が前回に続き、ジーンズメイトアキバあそび館6Fあそび空間「MATE」で開催された。

 当日午前10時半から配布された整理券はほぼ瞬殺。会場には前回を上回る約70名の観客が訪れた。中には兵庫県から来た女の子も…。トークやミニライブ、サイン会などお楽しみたっぷりのイベントとなった。

 最初のコーナーは「『よついろ★パッショナート!』マル秘トーク」。ゲストに企画担当のひろもりさかなを迎え、本作の制作裏話や初公開のキャラクター設定ラフ画などが披露された。

左からひろもりさかな、民安ともえ(夏目音子/音奈役)、上田朱音(和泉響花役)。民安は自身のバンド「民安★ROCK」でOP曲「LivelyPassion」とED曲「ハル・コイ」も担当している。
ひろもり「(メーカーを立ち上げた)5年前から、音奈は民安さんにお願いしようと決めていました」
民安「決して『○いおん!』が流行ったから作ったんじゃないですよ」(会場笑)


 次のコーナーは「生でアテレコ」。ゲストは雪村とあ(松岡奏役)と早瀬やよい(幸田葉澄役)の2人。バンド同好会の4人がそろい、場は一気にテンションアップ! 特に、音奈と音子の一人二役を同時に演じた民安のアワアワとガンバリとプロ魂に、ファンも大喜びだった。

SfyFish2-3.jpg
体験版未収録のワンシーンを生で再現するという、プレミア感たっぷりのコーナーとなった


 今回の目玉のひとつはミニライブ。本作のOP、ED曲を作詞作曲した、民安★ROCKのギター担当・けんせいをゲストに、民安が「LivelyPassion」と「ハル・コイ」をフルコーラスで熱唱。下の階に配慮しつつ、曲に合わせて観客もコールを送るなど一体感が生まれていた。

 イベント終了後のサイン会は、本作の予約券かジーンズメイトで買い物したレシートの持参が参加条件ということもあり、人数はさらに増加。用意した描き下ろしイラストボードの枚数が足りず、ポスターで代用するハプニング。主催者も感謝、感謝の大盛況となった。

 SkyFish新作『よついろ★パッショナート!』は12月24日発売予定。
よついろパッショナート!

よついろパッショナート!

SfyFish2-4.jpg
民安、上田に早瀬やよい(左)も加わり3人でアピール! 上田が指しているキャラクターが、音子を同好会に誘った松岡奏(ギター担当)だ。


【読者プレゼント!】
SfyFish2-5.jpg

 SkyFish様より「イベント限定『よついろパッショナート!』コラボTシャツ(Lサイズ)」を3名様にプレゼント! ご希望の方は官製はがきの裏に以下の項目

・ご氏名
・ご住所
・ご連絡先(携帯可)
・SkyFish作品に期待すること
・PC Angel neoへのご意見

をご記入の上、

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-36-5 ラフィネ新宿202
株式会社GMSパブリッシング
PC Angel neo「ぽこぽこパッションプレゼント」係

までご応募ください。締め切りは2011年1月7日(金)消印有効です。
 なお、当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。
Twitterでつぶやく PC Angel neo公式サイト
page top
福をかきこめ!
 編集長の高木です…なんか最近オレばっかりじゃね?
 11月になり、秋らしくなってきましたね。そんな秋の夜、11月7日の東京では浅草『酉(とり)の市』が開催されました。
 場所は台東区にある鷲神社とお隣の長國寺であり、ここは浅草浅草寺から徒歩5分くらいの場所なので、観光神社としても有名です。

BLOG101106_PIC001.jpg

 酉の市とは江戸時代より続くお祭りで『1年の無事に感謝し、来る年の幸を願う』事を目的としています。そして「福をかきこむ」という事で飾りを付けた縁起熊手やお守りを買う事もできます。

 しかもこのお祭りは深夜0時より始まって、そのまま24時間ぶっ通しで開催されるという豪快な内容。人も沢山集り、東京でも最も賑わうお祭りの一つです。
 今回は開催が日曜日であった為、深夜でも多くの人でごった返し!参拝客列は百メートル以上にまで伸びていました。

BLOG101106_PIC002.jpg

 そしてずらり並んだ熊手商による縁起熊手の数々。多くの有名企業や著名人などもここに熊手を買いに来る為、大きな熊手にはそれらの名前が載っています。今回も200店舗以上の熊手商が出ており、それぞれに特徴のある飾りを見せてくれます。

 他にも神社の周辺には出店屋台が立ち並び、様々なB級グルメを味わう事も出来ますが、その中に珍しい屋台として「飴細工」の屋台がありました。職人さんが炭で熱した飴を練り、様々な形を作るこの伝統技術は今では中々お目に掛かれません。


BLOG101106_PIC003.jpg

作る形は様々ですが、中には時代のニーズに合わせたのかプリキュアやワンピースの飴細工がありました。目がちょっと怖いです(笑)

 ちなみに今年の酉の市はこの日だけではなく11月19日(金)にも開催されます。
興味を持った方は是非に行ってみてお祭りを体験してみて下さい。

酉の市オフィシャルホームページ:http://www.torinoichi.jp/

by 高木(編集長)

Twitterでつぶやく PC Angel neo公式サイト
page top
平成版・東映まんがまつり?
 編集長の高木です。
 さる10月31日に東京都練馬区大泉にある東映東京撮影所にて『聖地・大泉まつり』というイベントが開催されました。

101031_01.jpg

 これはアニメーションや実写映画・ドラマを制作している東映が本社と撮影所を構えている大泉市と協力し、町おこしと地域交流を目的として開催されたお祭りであり、今回で二回目の開催となります。

 メイン催事場である東映撮影所は、普段より『スーパー戦隊シリーズ』や『仮面ライダー』などを実際に撮影しており、そこは普段は一般には開放していない秘密の場所。つまり特撮ファンにとってはまさに聖地と言える場所でのお祭りなので、当日は多くの親子連れファンで賑わっていました。

101031_02.jpg

 特に子供たちのテンションが凄いと思っていたら、それもそのはず、入口から入ると戦隊ヒーローの歴代ロボットやプリキュア達がドドンとお出迎え!
特にロボットの方は実際に撮影で使用された実物プロップであり、まさに画面から飛び出しての大迫力。あなたは全部覚えてる?

 丁寧に作られたロボたちは画面で見るよりもかなり細かく作りこまれており、玩具で持ったイメージよりも数段リアルに感じることができます。
 また、実際に撮影で使用された跡として、手にマジックテープなども付いており(武器を持ったときの固定用と思われます)撮影時の工夫なども感じることができました。

101031_03.jpg

他にも現在放映中の『ゴセイジャー』のセットなども公開しており、マニア心をくすぐる本物の小道具を見学することもできました。

 メイン会場から少し歩くと、今度はアニメを制作している「東映アニメーションスタジオ」へ、こちらでは普段から無料で見学できる東映アニメの資料館があります。
 館内に入るとでっかいマジンガーがお出迎え!全長5Mはありそうな雰囲気です。東映アニメーションは50年以上も前よりアニメを制作している老舗であり、今まで制作したアニメも数百以上もあります。

101031_04.jpg

 ここでは現在放映中の『ハートキャッチプリキュア』を中心に、歴代作品の動画や玩具を見学することが可能で、マジンガーZやゲッターロボ。セーラームーンにドラゴンボール、ワンピースまでおなじみのキャラクターが一斉に見ることができます。
 PCゲームファンとしても『Kanon』や『AIR』『CLANAD』等のKEY作品のアニメーションも制作しており、世代を超えたさまざまな作品を手がける東映の実力を見る事ができる一日でした。

 尚、このお祭りは定期的に開催される模様です。次回は12月に開催予定。普段見る事ができないTVの裏側に興味のある方は是非に足を運んでみては如何でしょう。

聖地・大泉まつり公式HP:http://oizumi-love.jp/

by 高木(編集長)

Twitterでつぶやく PC Angel neo公式サイト
page top
痛凧リターンズ!
編集長の高木です。
P天本誌6月号のコラムコーナーにて紹介した「痛凧」を覚えておいででしょうか?
簡潔に説明すると、萌絵を凧に描いたオリジナルの凧の事であります。
本誌では3月に開催された「水戸コミケ」での痛凧連合の発表会の様子をレポートさせて頂きました。

 竹の骨組みに和紙を用いた伝統技法を使い、自身の趣くままに萌えイラストを描いたその趣向は、一見にはほのぼのとした手作り感溢れるものと感じるが、現代に伝統技法の流儀に沿った制作方法を守りながら、凧の制作からイラストまで全てを自分の手によって作り上げている。
私はその創作意識を非常に感心しており、同時に私はこの活動をする「全国痛凧連合」のファンになりました。
 その痛凧連合が10月16日に「凧上げ会」をするというので私は休日を利用してお邪魔させて頂いた。

PIC_101016_001.jpg

 場所は茨城県勝田市にある「国営ひたち海浜公園」という場所。ここの敷地は東京ディズニーランドの約5倍もあり、夏にはロックフェスも開催するとても大きな公園です。

 そこの大草原で凧上げをする面々、これが「全国痛凧連合」である。

PIC_101016_002.jpg

痛凧連合は全国に支部があり、茨城だけでなく東京、静岡、埼玉、神奈川など多くの地方より会員達が集った。会員達の多くは共通の法被を着ており、皆自作の凧を持ち寄っていた。

大空をバックに思いを込めた凧を上げる会員の人々。当日は晴天に恵まれ、凧も空高く上がっていました。

PIC_101016_003.jpg

 現職の凧職人でもある茨城支部の代表「後藤大輔」さんも得意の凧を上げており、その姿は堂々たる物だ。
 女性の会員もいる。彼女はまだ入会してから2ヶ月ほどであり、先の「水戸コミケ」で痛凧連合の存在を知って入会したそうだ。

 また、今回の会には会員以外にも後藤さんを古くから知る知人も参加されており、この方の凧上げ暦は40年以上だそうだ。

後藤さんは「痛凧は作るだけでなく実際に上げることもまた楽しいですし、痛凧は作り、絵を描くことで終わりではなく、実際に空に飛ばした時が一番愛着を感じる物です」と爽快に語っていた。

PIC_101016_004.jpg

 大空に舞う痛凧、その姿はとても雄大で童心に帰させてくれる。
 趣味の世界は多くあるが、ゼロの状態から自分で作り、自分で動かす。全てが自分の意思によってダイナミックに広がっていくこの痛凧連合の活動を今後も応援していきたいと思います。



全国痛凧連合HP:http://sites.google.com/site/itadakorengou/

by 高木(編集長)


Twitterでつぶやく PC Angel neo公式サイト
page top
大好評の「縞パン付き11号」を記念して、地下アイドルの子たちがこんなことしてくれたよ!
こんにちは、編集部のみずぬです。みなさんPC Angel neo 11月号は購入していただけましたでしょうか? なぜだか分かりませんが、予想以上に「縞パン」が大好評の売れ行きとなっておりまして、編集部一同びっくりしております。

そんな反響の大きかった11月号ですが、Web版ブログで好評連載中の地下アイドル、望月みうなちゃんとりぼん-Tちゃんが遊びに来てくれました。そこで見本誌を渡したら大喜びで、「絶対に履く」と言ってくれました。やっぱり女の子が履いてくれるのは嬉しいモノですね。

というわけで、そんな彼女たちの下着姿は読者のご想像にお任せして、編集部でみせてくれたこんなショットをお送りします。頭に履いてくれるなんて、サービス精神旺盛です! みうなちゃん、りぼん-Tちゃん、本当にありがとうございました。

そんな彼女たちに萌えられた方はWeb版PC Angel neo連載ブログ「望月みうな&りぼん-Tの地下アイドル&新人メイド奮戦記!」もぜひご覧下さいませ!

望月みうな&りぼん-Tの地下アイドル&新人メイド奮戦記!
▼地下アイドル編
http://idolmaid.blog86.fc2.com/
▼新人メイド編
http://maididol.blog86.fc2.com/

彼女達は秋葉原のメイド喫茶で働いていますので、ファンになった方はそちらへもぜひお越しくださいませ。

▼望月みうなさんが働いている秋葉原のメイド喫茶「ぴなふぉあ」のHPはこちら。
http://pinafore.livedoor.biz/
▼りぼん-Tさん働いている同じく秋葉原のメイド喫茶「Jewely Box」のHPはこちら。
http://studiohips.com/jewelybox/index.html

by みずぬ




Twitterでつぶやく PC Angel neo公式サイト
© PC Angel neo公式ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。